高知県高知市クリニックグリーンハウスHP。[内科・消化器内科・内視鏡内科・婦人科。健診・人間ドック・各種がん検診]医療法人グリーンハウス。

内視鏡検査について

ホーム > 診療案内 > 内視鏡検査について

当院での内視鏡検査

木村先生


当院では、検診を含めすべての内視鏡検査を消化器内視鏡専門医が担当いたします。

用途に応じ適切なスコープを用いて、個々の患者様に最適な内視鏡検査を提供します。

また、ガイドラインを十分遵守した内視鏡洗浄・消毒を行い、いつでも安全で清潔な内視鏡検査を行います。

 

.

上部消化管内視鏡(胃カメラ)

上部消化管内視鏡(胃カメラ)

上部消化管内視鏡(胃カメラ)

※NBI拡大観察(5㎜ほどの早期胃がん)

食道・胃・十二指腸を内視鏡で詳しく観察します。
胃がんなどの早期発見に役立ちます。

より
細く
内視鏡の挿入部は通常9ミリ程度の直径ですが、5ミリ程度の細径内視鏡も登場し、よりスムーズな検査が出来るようになりました。
より
鮮明に
小さな病変を発見するために「ハイビジョン技術」や「拡大機能」が内視鏡に導入されています。さらに、光デジタル法による画像強調観察技術(NBI:Narrow Band Imaging=狭帯域光観察)によって、粘膜表層の毛細血管や深部の血管が強調表示された鮮明な画像から、通常の光では発見が難しかったごく小さな病変の早期発見が可能になります。
経鼻内視鏡
経鼻内視鏡
「胃カメラは受けたいけれど、すごくつらそうなので敬遠しがちになる」、そんな方もいらっしゃると思います。経鼻内視鏡では、鼻から内視鏡を挿入することで咽頭反射(オエッとなる感じ)を軽減させることができます。
※鼻腔の狭い方などでは鼻の痛みを感じる場合もあり、その際には通常の口からの内視鏡検査に切り替えることもあります。

.

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

全大腸を内視鏡で詳しく観察します。大腸がんや大腸ポリープ、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などを診断する最も精度の高い検査です。

より
快適に
個人用トイレ付きのプライベートスペースを用意していますので、腸管洗浄液を飲む前処置の時間も快適に過ごしていただけます。
より
確実に
スコープが腸壁に当たると自然に曲がっていく機能(受動湾曲)、挿入部の硬さを任意に変化させる機能(高度可変機能)を搭載した内視鏡によって、腸に負担をかけないスムーズな検査を目指します。また、ご希望により鎮静剤(麻酔や痛み止め)の注射を使用することもできます。安全を確保した上で、ポリープの日帰り切除も行っています。
より
鮮明に
ポリープなどの性質を詳細に調べるために「拡大機能」を有する内視鏡も導入されています。さらに、光デジタル法による画像強調観察技術(NBI:Narrow Band Imaging=狭帯域光観察)や色素散布法を組み合わせることによって、より正確な診断へ結びつけることが可能になります。
女性内視鏡専門医
女性内視鏡専門医による内視鏡も
当院は、女性消化器内視鏡専門医(指導医)も検査を行っています。特に女性で、恥ずかしさから内視鏡検査を敬遠しがちになっている方は、ぜひ一度ご相談ください。
内視鏡用炭酸ガス送気装置
内視鏡用炭酸ガス送気装置で苦痛のない内視鏡検査を
大腸内視鏡検査が苦痛を伴い敬遠される一番の原因は、検査中に腸内へ空気を入れることによって、おなかが張ったり気分が悪くなったりすることです。炭酸ガスは空気に比べ速やかに体内に吸収されるため、これを空気の代わりに使用することで、検査中、検査後のおなかの張りが大幅に軽減されます。

PAGE TOP